【日本】ビッグデータを活用した、ボイスマーケティング

日本の株式会社伸和エージェンシーは、セカンドアクト株式会社と販売特約店契約を結び、新しいボイスマーケティングサービス、“よくきくよ”の販売を開始した。同社は、大和ハウス工業のグループ会社で、広告代理業と旅行業を営む会社で…続きを読む

日本の株式会社伸和エージェンシーは、セカンドアクト株式会社と販売特約店契約を結び、新しいボイスマーケティングサービス、“よくきくよ”の販売を開始した。同社は、大和ハウス工業のグループ会社で、広告代理業と旅行業を営む会社である。

これは企業の課題解決や顧客理解を深めるため、消費者の生の声を分析し、そのデータからプロモーション戦略を提案するマーケティングサービスである。具体的には、ソーシャルメディアやコールセンターの多様な情報を収集し、セカンドアクト社の専任アナリストが分析、顧客の声を図示で集約する。数値化が難しいため、言葉で表現された定性データと膨大なソーシャルメディアの分析結果、同社のマーケティング知見を融合させ、消費者に届きやすいプロモーション施策やウェブサイト改善の提案していく。
よくきくよ
マーケティングのデジタル化が進むにつれ、消費者の意見が聞けるアンケート調査などを十分に活用できなくなってきた。このようなボイスマーケティングサービスを利用して、違った視点から消費者の声を反映させたマーケディングの手法を試してみるのもよい。

【企業サイト】株式会社伸和エージェンシー

広告