【日本】安全な食材を保育および託児事業大手の保育施設へ配送開始

日本のらでぃっしゅぼーや株式会社は、子育て支援サービスを展開する株式会社ポピンズの各保育施設に自社の有機および低農薬野菜や無添加食品などを配送開始した。同社は、これまで安全な食材の宅配事業を展開しており、今回の株式会社ポ…続きを読む

日本のらでぃっしゅぼーや株式会社は、子育て支援サービスを展開する株式会社ポピンズの各保育施設に自社の有機および低農薬野菜や無添加食品などを配送開始した。同社は、これまで安全な食材の宅配事業を展開しており、今回の株式会社ポピンズとの提携は同社初のBtoB事業となる。

同社の株式会社ポピンズの各保育施設への食材提供は、園児たちの舌育、すなわち自然食品を美味しいと感じられる健全な味覚の形成による社会貢献を目指す事業だ。同社の食材は、自社独自の環境保全型生産基準(RADIX)を満たしており、また高い技術を誇る生産者が直接納入するため、その安全性は保証されている。これにより、株式会社ポピンズは、きわめて安全性の高い食材を保育園給食で提供でき、保護者に大きなメリットとして提示できる。また、今回の提携で同社は保育園の献立に基づく食材調達ルートと配送モデルを確立した。さらに今後は、これらのルートとモデルを展開とし、他法人および企業へのBtoB事業を拡大していく方針である。
らでぃっしゅぼーや株式会社
震災以降、特に食の安全へのニーズが高まっており、安全な給食の提供は保育施設の死活問題だ。同社との提携による差別化は、保育施設が少子化を勝ち抜く有効な施策となりそうだ。

【企業サイト】らでぃっしゅぼーや株式会社

広告