【アメリカ】マーケティング自動化とCRMシステムをネイティブ統合

アメリカのAct-On Software社は、中小企業を対象に特定のCRMに依存しないマーケティング自動化機能を提供開始した。具体的には同社製品、Act-Onプラットフォームが全てのCRMシステムとネイティブ統合し、ユー…続きを読む

アメリカのAct-On Software社は、中小企業を対象に特定のCRMに依存しないマーケティング自動化機能を提供開始した。具体的には同社製品、Act-Onプラットフォームが全てのCRMシステムとネイティブ統合し、ユーザー企業はCRMの制約を受けずにマーケティング自動化を実現できるようになった。

Act-Onプラットフォームは、そのマーケティング自動化機能とCRMを統合し、営業担当者とマーケターの双方にメリットをもたらす。例えば、営業担当者は容易に見込み客の優先順位を決められ、さらに見込み客の興味対象や活動をチーム間でリアルタイムに共有できる。また、マーケターはAct-Onデータベースにインポートするセグメントを選択でき、実際の顧客獲得プロセスのうち特定のキャンペーンについて効果の測定や報告をおこなうことが可能だ。
Act-On Software
既存の顧客管理に重点を置く従来のCRMと異なり、マーケティング自動化とCRMの統合では、リードから顧客、ひいては売上が生まれる過程が管理される。より効率的な顧客管理が実現されそうだ。

【企業サイト】Act-On Software

広告