【アメリカ】OutlookをCRMに変換するソフトウェアツール

アメリカのAvidian社は、零細企業向けに、OutlookをCRM(顧客情報システム)に変換するソフトウェアツール、”Prophet CRM”の最新バージョンを公表した。同社は、Microsoft OfficeからCR…続きを読む

アメリカのAvidian社は、零細企業向けに、OutlookをCRM(顧客情報システム)に変換するソフトウェアツール、”Prophet CRM”の最新バージョンを公表した。同社は、Microsoft OfficeからCRMへの変換を可能にし、クラウドベースや自社運用でのソリューションを提供する会社である。

同ソフトウェアは、Outlookのデータすべてをそのまま保持しながら、同社のクラウドCRMデータベースにマージし、特定ユーザーや部署間でデータの共有を可能にする。新機能”Prophet Analytics”で、予測、セールス活動、顧客情報などのグラフィックイメージが、デフォルトでOutlook画面内に表示され、カスタマイズもできる。Microsoft Officeをサポートするすべてのプラットフォームに対応している。
Prophet CRM
新しくソフトウェアを導入する必要がなく、既存のOutlookに顧客情報システムを追加できるというのは、朗報である。CRMデータを分析、処理、理解する効果的な方法で、有効なマーケティングを行ってみてはどうだろうか。

【企業サイト】Avidian

広告