【アメリカ】新しいRFIDソリューションとは

アメリカで小売業向け商品管理最適化ソリューションを提供するチェックポイントシステムズ社は、衣料品世界大手Zaraを運営するインデックス社の物流センターにRFID(Radio Frequency Identificatio…続きを読む

アメリカで小売業向け商品管理最適化ソリューションを提供するチェックポイントシステムズ社は、衣料品世界大手Zaraを運営するインデックス社の物流センターにRFID(Radio Frequency Identification)ソリューションを導入すると発表した。RFIDは衣料品に付けられたタグを高速にエンコーディングするサービス。

同ソリューションはハードウェアとソフトウェアを組み合わせで、商品タグに自動でエンコーディングを行っていく。これまで、段ボールやパレット、ハンガーなど様々な形態を持つ大量の衣料品類の梱包ミスが発生していた。当サービスの導入により、手動で段ボール箱を開けたり個々の衣料品に触れたりすることがなくなり、梱包ミスを避けることが可能となった。また、在庫管理や、物流センターから店舗への商品配送業務の自動化も実現した。既にこのRFIDプロジェクトは、22カ国、700以上のZara店舗で稼働し、実績をあげている。
チェックポイントシステムズ
配送や在庫管理は、人の手が必要不可欠でミスが多発する作業である。特に大量生産、大量販売を得意とする小売業では、このようなソリューションの導入価値は高いと言えるだろう。

【企業サイト】チェックポイントシステムズ

広告