【日本】オンライン広告の効果が測定可能に。アンケートサービス”AcceSSMill”

日本のマーケティングリサーチの株式会社マクロミルは、同社が運営する消費者モニターを利用したサービス“AccessMill(アクセスミル)”を開始した。これは、モニターのオンライン上のログを把握し、オンライン広告の接触者に…続きを読む

日本のマーケティングリサーチの株式会社マクロミルは、同社が運営する消費者モニターを利用したサービス“AccessMill(アクセスミル)”を開始した。これは、モニターのオンライン上のログを把握し、オンライン広告の接触者に対してアンケートを実施するというもの。

同サービスは、国内最大規模を誇るマクロミルモニター86万人のログデータを取り、その結果を検証する。さらに、ターゲティングしたモニターにアンケートを行い、認知度・ブランド好感度・購買意向など定性的な広告効果を測定することを可能にした。また、オンライン広告を見て、商材に関する理解度や興味の度合いがどれだけ高まったかといった態度変容効果の検証も実施する。さらに、デジタルマーケティング初心者でも安心して利用できるようサポート体制にも力を入れている。
株式会社マクロミル
同社は一般消費者モニターを管理し、有効活用するノウハウを持つ、消費者に近しい企業である。消費者の真の姿を定量、定性リサーチできる同サービスを今後の施策に役立てたい。

【企業サイト】株式会社マクロミル

広告