【日本】“キジタス”がリリース1ヶ月で50件の受注を獲得

日本の株式会社ウィルゲートのコンテンツマーケティングサービス、“キジタス”が2014年7月のリリースから1ヶ月で50件の受注を獲得した。“キジタス”はキーワード選定からアンケートを実施し、結果を記事としてまとめることによ…続きを読む

日本の株式会社ウィルゲートのコンテンツマーケティングサービス、“キジタス”が2014年7月のリリースから1ヶ月で50件の受注を獲得した。“キジタス”はキーワード選定からアンケートを実施し、結果を記事としてまとめることにより、サイトに追加することができるサービスだ。ユーザー目線で有益なコンテンツにすることで潜在顧客の取り込みを図ることができる。

本サービスの導入が進んだ背景には、企業のWebマーケティングに対する必要性の強化がある。“キジタス”の導入企業は、美容、ウェディング、不動産業界が約半数占めており、消費者が購入する前に様々な情報を得た上で判断したいサービスを扱っている業界の引合いが多い。
キジタス
近年、検索エンジンサービス側のシステム変更により、順調に成長してきたメディアサイトが一瞬にして凋落してしまう例もある。ソーシャルメディアの多様化によるマーケティング手法の変化も含め、未だSEO対策はウェブ戦略のカギと言えるだろう。

【関連サイト】キジタス

広告