【日本】産学共同、ビッグデータ研究プロジェクトを開始

日本の株式会社テクノスジャパンは早稲田大学総合研究機構マーケティング・コミュニケーション研究所と共にビッグデータ研究プロジェクト第1弾を開始した。 本プロジェクトは、テクノスジャパンの顧客であるクラシエホールディングス株…続きを読む

日本の株式会社テクノスジャパンは早稲田大学総合研究機構マーケティング・コミュニケーション研究所と共にビッグデータ研究プロジェクト第1弾を開始した。

本プロジェクトは、テクノスジャパンの顧客であるクラシエホールディングス株式会社のブランド向上を主眼としている。クラシエのヘアケア・スキンケア商品の関連データを解析、美容など女性活躍推進の観点より消費者行動の動向をリサーチし、ブランドの価値向上に取り組む。ビックデータ解析にはテクノスが持つITコンサルティング力とデータ解析力、研究所が持つ学術的な知識やノウハウを積極利用していく。今回の研究では、大学と企業で女性によるダイバーシティチームを立ち上げ、クラシエグループの商品ブランド向上やイノベーション創出に取り組むなど多彩な試みが注目されている。今後、テクノスジャパンは他企業と幅広い分野で連携を進めることでノウハウを蓄積、独自の数理解析モデル開発を目指している。
株式会社テクノスジャパン
このような産学連携ネットワークにより、企業と大学の双方が持つ強味を企業ブランド価値向上のために活用する動きは、企業商品のブランディングにおいてのモデルケースとなるだろう。

社名   :株式会社テクノスジャパン
Webサイト:http://www.tecnos.co.jp/index.html
代表   :代表取締役 城谷 直彦
所在地  :東京都新宿区

早稲田大学 総合研究機構 マーケティング・コミュニケーション研究所
Webサイト:http://www.kikou.waseda.ac.jp/index.php
代表   :所長 恩藏 直人

広告