【日本】DAM・CMS連携、デジタルマーケティング強化へ

日本の株式会社ビジュアルプロセッシングジャパンは、同社が販売を行うDAM(デジタルアセット管理システム)“Xinet”と株式会社ジゾンが販売を行うWeb-CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)“HeartCore”…続きを読む

日本の株式会社ビジュアルプロセッシングジャパンは、同社が販売を行うDAM(デジタルアセット管理システム)“Xinet”と株式会社ジゾンが販売を行うWeb-CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)“HeartCore”のシステム連携を開始した。同社はデジタルマーケティング支援・ブランドマネジメント・販促業務の効率化を見込んでいる。

Xinetで一元管理された最新コンテンツをシームレスにHeartCoreへ配信することで、複数サイト・多メディア間のコンテンツ管理を統合することができる。これによりWebサイト運用におけるブランドマネジメント、多メディア展開へのスピードアップやコスト削減が実現可能となる。結果、Webサイト公開までのリードタイムを短縮することができる。また商品写真・情報、ロゴなどの共有により、販促媒体の精度向上などメリットも大きい。
ビジュアルプロセッシングジャパン
企業のデジタルマーケティング活動において、複数サイト・多メディア展開が主流となっている現在、webサイトの制作・運営フローなどがスピーディに行えることは大きな強みだ。本サービスにより全社でコンテンツ利用のルールが統一され、マルチサイトにおいてブランドマネジメントが敏速に実現できることは企業の販売促進に大きく寄与するであろう。

社名   :株式会社ビジュアルプロセッシングジャパン
Webサイト :http://www.vpj.co.jp/company/
本社所在地:東京都渋谷区
代表   :代表取締役会長兼社長 三村博明
業務内容 :メディア業界のコンテンツ制作環境へ向けたソリューションプロバイダの提供

広告