【日本】佐川急便のビックデータ分析基盤構築に成功

日本のフューチャーアーキテクト株式会社は、SGシステム株式会社と協力し、佐川急便株式会社のビジネス構造を可視化するために「ビッグデータ分析基盤」と「実績分析システム」を構築した。 同社はこれにより、佐川急便の顧客サービス…続きを読む

日本のフューチャーアーキテクト株式会社は、SGシステム株式会社と協力し、佐川急便株式会社のビジネス構造を可視化するために「ビッグデータ分析基盤」と「実績分析システム」を構築した。

同社はこれにより、佐川急便の顧客サービス向上、経営改革を実現させる。ビッグデータ分析基盤は、佐川急便が取り扱う年間約12億個の荷物に関する様々なデータを敏速に分析。スピーディで的確な経営判断をサポートする。新システムは膨大な保存データの高速処理が可能でありながら、コストパフォーマンスが優れていることが最大の利点である。この試みにより、高額なビッグデータ専用ハードウェアへの初期投資を抑えられる。さらに経営分析システム「実績分析システム」搭載により、ビジネス構造のより一層の可視化が可能だ。同社は今後、佐川急便のIT戦略パートナーとしてより強固なマネジメントサポートを行っていく予定。
フューチャーアーキテクト株式会社
難易度が高いビッグデータの分析基盤構築を短納期、低コストで実現した点は優れた実績といえよう。

【企業サイト】フューチャーアーキテクト株式会社

広告