【アメリカ】ブランド認知度向上をマーケティング会社に外注する選択肢

アメリカのマーケティング企業Calysto社は、幅広い統合マーケティングツールや戦略を用いてSyntonic Wireless社の認知度を高める業務を受注したと発表した。 Syntonic社はクラウドベースの接続サービス…続きを読む

アメリカのマーケティング企業Calysto社は、幅広い統合マーケティングツールや戦略を用いてSyntonic Wireless社の認知度を高める業務を受注したと発表した。

Syntonic社はクラウドベースの接続サービスプラットフォームの企業。同社がCalysto社を選んだのは売上や顧客ベースを増やすのが目的。Calysto社はコンテンツマーケティング、ソーシャルメディア、PRに基づいた包括的な戦略を提供する予定だ。「当社は比較的新しい会社で、認知度の向上に重点を置いている。Calysto社を選んだのは、シームレスにマーケティングコミュニケーションプログラムを統合する革新的なアプローチが決め手だった」とSyntonicのCEOは語る。
Calysto
マーケティングを他社に委託するには当然コストがかかるが、結果的に利益が上げられる場合もある。認知度の向上は、マーケティングに詳しくない方にとって、費用をかけすぎずに行うには難しい領域だ。マーケティングは専門家に任せ、自社業務に力をいれるのも1つの選択肢だと言える。

【企業サイト】Calysto

広告