【アメリカ】農業データ管理に見る戦略

アメリカのDTN/The Progressive Farmer社とOsborn Barr社(以下、OB社)が、ライセンス契約の締結を発表した。 この契約によりDTN社は、OB社が立ち上げた、セントルイスを拠点とする農業デ…続きを読む

アメリカのDTN/The Progressive Farmer社とOsborn Barr社(以下、OB社)が、ライセンス契約の締結を発表した。

この契約によりDTN社は、OB社が立ち上げた、セントルイスを拠点とする農業データ管理企業RevCo社の全資産を引き継いだ。DTN社は綿密な市場分析に基づく情報と、地方の農業生産者との間をとり持つ独自の経営管理ツールにより、顧客に革命的な農業情報ソリューションを提供する企業。意欲的な農業生産者、農業関連産業の指導者や商品市場のトレーダーの意思決定に強い影響力をおよぼしている。同社の社長兼ゼネラルマネージャーであるMatt Bradford氏は、今回の契約が、やがて食品と飲料物販売網とをつなぐ全体的な戦略の一部であると述べている。
DTN/The Progressive Farmer
情報を制する者が勝機を得る。 他社の農業データベースを手中に収め事業の拡大を目指すDTN社の今後の活躍に注目したい。

【企業サイト】DTN/The Progressive Farmer

広告