【アメリカ】プレイリストが作る新しいブランド戦略とは

アメリカのThismoment社は、新しいクラウドベースのコンテンツ作成プラットホームを発表した。 本プラットフォームは、モバイルデバイス、ウェブサイト、ソーシャルチャンネル上に簡単にコンテンツを配信できるサービス。同社…続きを読む

アメリカのThismoment社は、新しいクラウドベースのコンテンツ作成プラットホームを発表した。

本プラットフォームは、モバイルデバイス、ウェブサイト、ソーシャルチャンネル上に簡単にコンテンツを配信できるサービス。同社は、2010年の設立以来、ブランドのデジタルコンテンツを促進するサービスを提供してきた。人々は、1日平均3000以上の企業の広告を見ているという。そんな供給過多状態のコンテンツからユーザーに注目をひくようなコンテンツを作ることが難しくなっているのである。このような状況の中で、同社のコンテンツクラウドは、企業の広告コンテンツを魅力的なものにするために、クラウドコンテンツを開発したのである。その中の一つ、ブランドプレイリストクリエーションサービスは、企業やユーザーや機関から提供された、コンテンツとアプリを再構成して、独自のマルチメディア対応のプレイリストを作るシステム。このシステムを使うことによって、企業は、世界的なブランドマネジメントをリアルタイムに大規模に行うことが可能となった。
Thismoment
広告がいたるところに溢れている現代、いかにして魅力的な広告を打てるかがブランドの課題となっている。独自のプレイリストを作るという発想がこれからの広告をどう変えるのか、注目が集まっている。

【企業サイト】Thismoment

広告