【アメリカ】ビッグデータ市場は2018年に463億ドル規模に

アメリカのMarketsandMarketsは、ビッグデータ市場に関する最新レポートをリリースした。2013年から2018年にかけてのグローバルなマーケットを、タイプ、ソフトウェア、地域ごとに詳細に分析し動向を予測してい…続きを読む

アメリカのMarketsandMarketsは、ビッグデータ市場に関する最新レポートをリリースした。2013年から2018年にかけてのグローバルなマーケットを、タイプ、ソフトウェア、地域ごとに詳細に分析し動向を予測している。とりわけ、北アメリカの伸びが著しい。Accenture, Amazon, Cisco, Dell, EMC, Hitachi Data Systems, HP, IBM, Microsoft, Netapp, Oracle, SAP, Teradata, Key Innovatorsなどのシェアが高い。

本レポートによると、2013年から2018年までの年複利成長率は25.52%にまで達し、売上規模は463億ドルまで伸びる見込みだという。消費者とマシンデータの一定の上昇はビックデータアプリケーションの需要とアプライアンスの成長を促し、ビックデータ市場の将来性において大きな役割を果たしている。市場で多数のビックデータテクノロジーやソリューションが存在しているが、ソリューションが複雑、難解すぎて統一できない。専門的、かつ統合されたサービスが市場に出れば、問題は解決するだろう。戦略的な共同研究と企業の資本提供を通して、多数の投資家が市場に介入すると期待されている。

MarketsandMarkets

無料のPDFブローシャーはこちらでダウンロードできる。
http://www.marketsandmarkets.com/pdfdownload.asp?id=1068

本レポートは、以下のURLで購入可能。
http://www.marketsandmarkets.com/Market-Reports/big-data-market-1068.html

広告