【アメリカ】人気ビジネスアプリの新バージョンが登場

有力ソフトウェアベンダーである日本のインフォテリア株式会社のアメリカ子会社InfoteriaAmerica Corporationが、ビジネス向けアプリケーションの新バージョン「Handbook 4」をアメリカで一般販売…続きを読む

有力ソフトウェアベンダーである日本のインフォテリア株式会社のアメリカ子会社InfoteriaAmerica Corporationが、ビジネス向けアプリケーションの新バージョン「Handbook 4」をアメリカで一般販売すると発表した。

このバージョンの目玉は新機能「BookDrop」だ。これを使えば、フェイストゥフェイスでできる簡単なセッティングで「Handbook」を即座に共有することが可能となる。「Handbook」を使って見込み客にプレゼンテーションを見せると、その客のタブレットやスマホにもその資料を残せるので、その客の友人や家族にもその資料をシェアすることが可能となる。
Handbook
親しい人間からの口コミでもたらされる情報は、信頼度が高く伝わりやすいため、現在のマーケティングの主流的な存在となっている。売り上げが伸び悩んでいる会社のマーケティングやセールスのチームにとって、強力なビジネスサポート・ツールとなりそうだ。

【関連サイト】Handbook

広告