【日本】ビッグデータの最適化と収益化に関する最新調査

アメリカの市場調査会社ABIリサーチが、調査レポート「最適化と収益化:解析、ビッグデータ、ポリシーのスーパーサイズ化」を2014年2月に出版したと、ABIリサーチの日本販売代理店である株式会社データリソースが発表した。こ…続きを読む

アメリカの市場調査会社ABIリサーチが、調査レポート「最適化と収益化:解析、ビッグデータ、ポリシーのスーパーサイズ化」を2014年2月に出版したと、ABIリサーチの日本販売代理店である株式会社データリソースが発表した。これは、ビッグデータの最適化および収益化についてリサーチしたものだ。

モバイルのデータ通信量は、スマートフォンとタブレットの人気の高まりに伴い、今後数年にわたって著しい増加が予想されている。この調査レポートは、モバイルネットワークオペレータと通信サービスプロバイダが、自身の持つネットワークが生み出す膨大なデータを収益化するためには、いったいどのような努力が必要なのかについて注目している。
ABIリサーチ
売り上げの増加、ユーザー体験の向上、ネットワーク性能の改善などのために、ビジネスの意思決定を迅速かつタイムリーに行う上でも、マーケターや経営者はこのレポート内容をしっかりと吟味しておきたいところだ。

【企業サイト】株式会社データリソース

広告