【アメリカ】コンテンツ飽和危機に関する調査結果

アメリカのTrapitは、コンテンツ飽和危機に関するアメリカのマーケターによる調査結果を公開した。調査において、マーケターはオーディエンスに関連するコンテンツを提供するための戦略を用いた。尚、ほぼ半数の回答者は思った以上…続きを読む

アメリカのTrapitは、コンテンツ飽和危機に関するアメリカのマーケターによる調査結果を公開した。調査において、マーケターはオーディエンスに関連するコンテンツを提供するための戦略を用いた。尚、ほぼ半数の回答者は思った以上の量のコンテンツを共有しなかった。

調査結果によると、回答者の74%はコンテンツ戦略の核としてのコンテンツキュレーションに納得しているようである。なかには「同僚やライバル企業がキュレーションしていないようなオリジナルコンテンツを探す」と回答した者もいる。58%の回答者は「会社が業界に居残るためには、有効なコンテンツキュレーションが必要だ」と回答している。また、別の54%の回答者は「オートメーションは有効なキュレーションにとって重要な役割を果たす」と回答している。

Trapit

Trapit社はコンテンツキュレーションソリューションのリーディングカンパニーである。マーケターへのコンテンツの付与を通じて、思想的リーダーシップの構築、信頼できるリーダーとしてビジネス上の顧客を駆り立てるような関係性の向上を可能にしてくれることだろう。

【企業サイト】Trapit

広告