【アメリカ】オンラインで活性化する履物卸売業

アメリカで長年履物メーカーや小売を率いてきたFFaNY(履物協会)は、オンラインPOP-Marketでの履物の卸売りを発表した。 内容としては、これまでオフラインで行われていた卸売り業がオンラインで取引可能となった。これ…続きを読む

アメリカで長年履物メーカーや小売を率いてきたFFaNY(履物協会)は、オンラインPOP-Marketでの履物の卸売りを発表した。

内容としては、これまでオフラインで行われていた卸売り業がオンラインで取引可能となった。これにより小売店バイヤーは24時間365日いつでも、携帯端末やパソコンから必要な品物を手に入れられるようになった。それだけでなく、卸売り業者にとっては在庫管理が容易になり、品物の売れ行きの状態も容易に確認できるようになる。FFaNYによると、オンライン及びオフラインでの卸売りは、将来の履物卸売り業界においても非常に重要な役割を果たすという。

FFaNY

オンラインショップの普及、また物流の発達によって消費者へ商品を届ける期間も短縮されているが、ネットを通じて卸売り小売間の売買も早まることで、消費者へは、より安定した商品供給が可能になるのではないだろうか。

【協会サイト】FFaNY

広告