【イスラエル】2014年の食品業界の広告戦略で予想される6つの傾向

イスラエルのNutriPRは、2014年の食品業界の広告の傾向に関する予測を発表した。同社は、食品材料や機能性食品、栄養補助食品の産業を中心に活動する広告業者であり、先端のメディアツールを用いて、食品市場における広告を発…続きを読む

イスラエルのNutriPRは、2014年の食品業界の広告の傾向に関する予測を発表した。同社は、食品材料や機能性食品、栄養補助食品の産業を中心に活動する広告業者であり、先端のメディアツールを用いて、食品市場における広告を発信している。予測の概略は以下の通り。

  1. Real time
    現状では、新商品のプレスリリースから実際の発売までの期間が長い。しかし、今では、会社のプレスリリースの前に噂が世界を駆け巡るので、期間を置くことが受け入れられにくくなるのではないか。
  2. Sharper PR
    良いプレスリリースだけでは不十分となる。市場調査のデータに裏付けされた、より的確な情報を業界のメディアに提供する必要がある。
  3. Video splash/video interview
    動画を用いたウェブページの広告の需要が増える
  4. Relevance & “new angle”
    顧客は新しいストーリーや問題解決の手段を常に求めているので、同じ話題や、同じ系統の製品の宣伝の繰り返しは避けるべき。
  5. Enhance your media relations
    プレスリリースの数が膨大な今日では、メディアとの関係の構築が重要となる。
  6. The Social media impact
    食品・飲料業界は、ソーシャルメディアを用いた戦略をさらに発展させる必要がある。

NutriPR

食品業界だけでなく、他の業界にもあてはまる話といえる。企業のマーケティング担当者は、是非とも参考にすべきだろう。

【企業サイト】NutriPR

広告