【アメリカ】ビジネスに最強のソーシャルメディアはInstagramと発表

アメリカのデータ分析会社SumAllは、2013年にビジネスにおいてもっとも貢献したソーシャルメディアプラットフォームはInstagramだと発表した。 SumAllのクライアントから集計したデータによると、購読者の増加…続きを読む

アメリカのデータ分析会社SumAllは、2013年にビジネスにおいてもっとも貢献したソーシャルメディアプラットフォームはInstagramだと発表した。

SumAllのクライアントから集計したデータによると、購読者の増加、ユーザー・エンゲージメント、セールスに与えた効果など、さまざまな面で分析した結果、Instagramのトラフィックが最高だったという。そして、Instagram利用による売り上げの増加は、アメリカでは1.5% から3.0%、イギリスでは3.6%だったそうだ。

SumAll

Photo by SumAll

この分析は、Instagram、Twitter、Google+、Facebookという4大ソーシャルメディア・ネットワークをカバーしている。Instagramのアクティブユーザー数は2013年9月の時点で1億5000万人を突破したが、日本では、FacebookやTwitterを使っている企業が目立つ。Instagramをいち早く利用すると、ビジネスチャンスがグローバルに広がるかもしれない。

【企業サイト】SumAll

広告