【アメリカ】広告ソリューションを拡張するBtoB再ターゲティング機能

アメリカのDemandbaseは、既存の企業向け広告ソリューションを拡張するためのBtoB再ターゲティング機能を発表した。同社は、BtoB向けターゲティング&パーソナライズプラットフォームを保有している。 新たに…続きを読む

アメリカのDemandbaseは、既存の企業向け広告ソリューションを拡張するためのBtoB再ターゲティング機能を発表した。同社は、BtoB向けターゲティング&パーソナライズプラットフォームを保有している。

新たに提案された再ターゲティング機能は、匿名の個人に対して広告を送るといったBtoC企業向けの既存のウェブサイト再ターゲティングソリューションとは異なる。企業ウェブサイトの趣旨を明確に示す場合、まずリアルタイムで企業の特定を行い、広告主確定フィルタに基づき趣旨に賛同したうえで、企業に対する印象とターゲットを絞るというのが同社の手法だ。その結果、広告の最適化が実現される。自動化された再ターゲティング技術は、ウェブ上におけるリアルタイムの行動の引き金となるほか、広告主から顧客として大いに見込まれ得る企業への正しいメッセージの送信が保証されることになる。

 Demandbase

同社によって開発された企業ターゲット化広告のBtoB再ターゲティング機能については、現在ホームページPDFにてより深く知ることができる。BtoB企業にとって重要課題といえるターゲティングに悩みを抱える担当者は是非チェックしていただきたいものだ。

【企業サイト】Demandbase(リンク先は、B2B Retargetingのページ)

広告