【アメリカ】営業担当を支援するローカルマーケティングシステム

アメリカのReachLocalは、企業のマーケティング担当者や営業担当者がより容易にローカルマーケティングを実行できるシステム「ReachEdge」を提供開始した。 ReachEdgeは、企業のマーケティング担当者がより…続きを読む

アメリカのReachLocalは、企業のマーケティング担当者や営業担当者がより容易にローカルマーケティングを実行できるシステム「ReachEdge」を提供開始した。

ReachEdgeは、企業のマーケティング担当者がより容易にローカルマーケティングを行えるように支援するシステム。特徴は、様々な既存のマーケティングツールと連動してリードの向上が見込めるもの。内容は、リード獲得の要となるSMBsのスマートフォン向けWebサイトやマーケティングのマネジメントシステム、モバイルアプリケーションなどと連携。本システムは、基本構想としてWebサイトの改変により、より検索エンジンでの検索率を向上させる目的がある。これに加え、さらに顧客データの登録や関連付けを確認するためモバイルアプリを介してリードの全情報と通話履歴、テキストやe-メールを含む、スタッフへの自動リマインダー機能などを含んでいる。また、潜在顧客に対してマーケティングメールの配信が自動的にできるため、非常に業務の効率化に繋がる。
リードがアクセスするオンラインメディアをキャプチャすることもでき、マーケティングチャネルが消費者に行う洞察を提供することによってビジネスオーナーにやる気を出させる役割もある。

ReachLocal

本システムにより、今まで人間が考え、実践してきたいわゆる抽象度の高い人の好みや動向の判断、マーケティング戦略の立案、実行までをほぼ自動的に行うことができる。人での貴重なSMBsにおいて、こうした一定の利益を自動的に生み出せる仕組みはビジネスの発展に大きく寄与するといえそうだ。

【企業サイト】ReachLocal

広告