【アメリカ】マーケティングオートメーションの有益性を示すインフォグラフィック

アメリカのMarketing Weeklyは、セールスマネージャーやマーケティングマネージャー向けにマーケティングオートメーションが営業担当からリード育成を改善させるかを示すインフォグラフィックを発表した。 本インフォグ…続きを読む

アメリカのMarketing Weeklyは、セールスマネージャーやマーケティングマネージャー向けにマーケティングオートメーションが営業担当からリード育成を改善させるかを示すインフォグラフィックを発表した。

本インフォグラフィックは、企業の経営者やセールスマネージャーやマーケティングマネージャーなどを対象にしたマーケティングを自動化することで販売サイクルを縮められることを示したもの。同社によれば、マーケティングオートメーションソリューションへの投資により、451%の見込み客増になるというデータもあるという。内容は、電子メールマーケティング、マーケティングアナリティクス、ソーシャルメディアプラットフォームなどを統合されマーケティングオートメーションがどのようにビジネスに有益なネットワークを構成するのかを説明している。
調査では、販売サイクルの平均の長さ過去5年間で22%増加しているという。このことから顧客との強固な関係を形成することが不可欠。マーケティングオートメーションソフトウェアを使用することにより、効果的にリード育成を可能にしている企業が出始めている。

マーケティングオートメーション

現在のビジネスにおいては、顧客といかに密なつながりを持つかはとても重要だ。そのため常時、新しい情報が顧客に提供できるマーケティングオートメーションソフトへの注目度が高まっているという。

【企業サイト】Marketing Weekly

広告