【アメリカ】ビッグデータからユーザー心理を分析可能なプラットフォーム

アメリカのXeroxは、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアに存在するビックデータを自動解析しユーザー心理を分析可能なプラットフォームを開発中と発表した。 本プラットフォームの特徴は、ソーシャルメディ…続きを読む

アメリカのXeroxは、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアに存在するビックデータを自動解析しユーザー心理を分析可能なプラットフォームを開発中と発表した。

本プラットフォームの特徴は、ソーシャルメディアのコメントから喜び、怒り、困惑といったユーザー心理の分析を自動で可能にした点にある。データマイニングや機械学習等の技術を導入し、従来は分析が困難であったジョークや省略語の分析も可能にする。

Xerox

収集したコメントからユーザー心理を分析し、それらを実際の販売促進や顧客満足の向上に繋げるのは手間と時間が掛かる作業であった。しかし、ユーザー心理の自動分析が可能となれば、手間も時間も掛けずにユーザーの状態をほぼリアルタイムで捉えることが可能となる。今後は、効果的かつスピーディーに様々な施策を講じていくことが出来るようになるであろう。

【企業サイト】Xerox

広告