【アメリカ】コンテンツマーケティングに欠かせないコンテンツ一括管理サービス

アメリカのSkywordは、企業のマーケティング担当者や広報担当者など向けにコンテンツマーケティングに欠かせない質の高いコンテンツ制作を支援するプラットフォーム「Skyword」を提供している。 Skywordは、マーケ…続きを読む

アメリカのSkywordは、企業のマーケティング担当者や広報担当者など向けにコンテンツマーケティングに欠かせない質の高いコンテンツ制作を支援するプラットフォーム「Skyword」を提供している。

Skywordは、マーケティング担当者や広報担当者向けに質の高いコンテンツ制作のために利用できるプラットフォーム。特徴は、コンテンツ制作に品質管理に必要な要素がすべてビルトインされているもの。内容は、以下の7段階に分かれた機能に集約される。

  1. フリーランスの有能なライターを雇うためのマッチングサイト機能。Web上でのライター履歴や実際の作品サンプル、過去の作品、仕事のパフォーマンスなど見やすく管理できる。
  2. ライターマネージメント専用のカレンダー機能。雇ったライターによるコンテンツ制作戦略を運営していくことができる。それぞれのライターの仕事内容や、デッドラインを人目で把握が可能。
  3. サーチエンジンの上位に配置するためのランキング対策機能。検索エンジンと連携し考えられるキーワードの組み合わせを一覧表示すると共に、そのヒット数を割り出しよりアクセスされやすいキーワード選定が可能となる。
  4. 記事の投稿と記事内容のトレンドを把握する機能。投稿する記事の話題がどの程度タイムリーでありトレンド性があるのかを分析し、適切なSEO対策キーワードを付加して検索順位を上げることが可能。
  5. 投稿する記事を編集する機能。Skyword専用のものだけでなく各マネージャーが使用する独自のコピーエディタにリンクして記事を編集すことができる。記事の変更者、部位、時間をなどを管理し効果的な変更をモニタリングできる。
  6. ソーシャルネットワークとの連携を行う機能。Facebookに代表される「いいね!」機能をはじめとして、Twitter、Linkedin、Google+など様々なソーシャルメディアとの連携、その実績を管理することができる。
  7. コンテンツの投稿後のパフォーマンス評価機能。閲覧数をはじめ、記事マーケットやかかわったライターのパフォーマンス、ソーシャルメディア、サーチエンジンのランキングなどを総合して見ることができ、分析しやすい。

このように、ライターの起用から、記事の編集機能、SEO対策、ソーシャルメディア、投稿後のパフォーマンス評価と全工程を1つのパッケージで行えるのが魅力。コンテンツのバイヤーを明記し、建築、金融、セキュリティといった特定の顧客対象に明示する試みも行っている。最大限に自動化できる部分を自動化し、利用者のフラストレーションも抑えるとともに、プロジェクトのワークコスト、タイムコストを最適化する構造となっている。

Skyword

本プラットフォームにより、企業側はビジネス発展のキーとなるトピックを発見し、それを運営していくことが可能となる。時間のかかるコンテンツ制作プロジェクトを円滑に進め、ビジネスを発展させる一助となる大きな可能性を感じる。

【企業紹介サイト】Skyword

広告