【アメリカ】楽天マーケティング、PopShopsを買収で様々な広告リソースの分析が可能な新システムを発表

楽天マーケティングは、オンライン広告と出版のデータ分析で有名なシアトルのテクノロジ企業PopShopsを買収したと発表した。 PopShopsは、オンライン広告と出版のデータ分析で有名な、シアトルに拠点を置くテクノロジ企…続きを読む

楽天マーケティングは、オンライン広告と出版のデータ分析で有名なシアトルのテクノロジ企業PopShopsを買収したと発表した。

PopShopsは、オンライン広告と出版のデータ分析で有名な、シアトルに拠点を置くテクノロジ企業。特徴は、楽天のマーケティングポートフォリオと同社の提供技術をミックスしより強力かつ幅広い分析が可能となったこと。
合併自体の詳しい契約内容は明らかにされていないが、新社名「楽天PopShops」となり、楽天のマーケティングポートフォリオを採用。これにより、アフィリエイト、マーケティング、ディスプレイ、流行、ロイヤリティ、ターゲット層の修正などが行える。4000の広告および25000の出版実績があり、具体的にはショッピングの比較サイトやクーポンポータル、ブログ、やロイヤリティプログラムなど多くを手がけ信頼性が高い。

PopShops

同合併で誕生した新サービスにより、スポンサーは出版サイドに対してよりタイムリーな情報提供が可能となり、広告効果の増大と更なるブームを生む下地となっていくだろう。

【企業サイト】PopShops

広告