【アメリカ】スノーデン事件で危機感を覚える情報セキュリティ

アメリカのVir2us, IncのCEO、Ed Brinskeleは、スノーデン事件を次世代のセキュリティ技術の観点から再考する必要があると述べている。 スノーデン事件は、アメリカのCIAなどの情報機関に勤めていた職員が…続きを読む

アメリカのVir2us, IncのCEO、Ed Brinskeleは、スノーデン事件を次世代のセキュリティ技術の観点から再考する必要があると述べている。

スノーデン事件は、アメリカのCIAなどの情報機関に勤めていた職員が大量の重要な内部情報を外部に流出させた事件である。Ed Brinskele氏は、この事件による損失が天文学的なものだったことと多くの人々が「大きな政府」のあり方に疑問を持ったという意味でも強いインパクトを持ったという。しかしながら、巨大なデータに対してセキュリティをかけ適切なタイミングで適切な人のみアクセスさせる方法を創出していくことは、新たなビジネスチャンスと考えているようだ。

このような問題点を抱えるのは政府だけに限らず、多くの企業にも共通しているという。社員全員の情報に対するリテラシーを向上させ漏洩を防止するという方法は、悪意ある情報漏洩(スパイ行為など)に対しては対抗ずシステムにるセキュリティの強化が必要だと考えられる。

Vir2us

技術的な問題点はまだあるのかもしれないが、スパイ行為が行えないようなセキュリティー技術の開発は可能なのだろうか。

【企業サイト】Vir2us

広告