【イギリス】高まるコンテンツマーケティングの注目度

イギリスの Content Marketing Institute (CMI)とthe Direct Marketing Association UK (DMA)は、イギリスではコンテンツマーケティングへの投資を増やすマ…続きを読む

イギリスの Content Marketing Institute (CMI)とthe Direct Marketing Association UK (DMA)は、イギリスではコンテンツマーケティングへの投資を増やすマーケッターが増加しているという研究結果を発表した。

コンテンツマーケティングは、SNSなどのメディアにコンテンツを提供することを核としたマーケティング手法。研究結果より、イギリスにおいては、64%のマーケッターが1年以内にコンテンツマーケティングへの投資を増やすということがわかった。また、イギリスの企業はマーケティングに関する予算のうち27%をコンテンツマーケティングに費やし、平均して13の戦術を用いていることがわかった。よく使われる戦術は以下の4つ。

    • 自社ウェッブサイト上の記事(90%)
    • ソーシャルメディア(blogを除く)(90%)
    • e-mailによるニュース配信(85%)
    • ケーススタディ(83%)

また、コンテンツマーケティングのプラットフォームとして使われるソーシャルメディアは以下の3つ。

    • Twitter (82%)
    • LinkedIn (78%)
    • Facebook (76%)

the Direct Marketing Association UKSNSなどを用いたマーケティングも盛んに研究はされてきているものの、マスメディアによる大規模な広告と比較するとどうしても規模が小さくなってしまう印象がある。コンテンツマーケティングのメリットは、効率の良さと優良顧客を確保できる点とされている。だが、まだ発展途上の分野ともいえる。これまで存在しなかったコンテンツを作成し、マーケットにサプライズを与えることができた企業は、低コスト・低リスクで大きなマーケティング成果を得ることも可能かもしれない。

【企業サイト】Content Marketing Institute

【企業サイト】the Direct Marketing Association UK

広告